プロジェクト解説
 
プラットフォームの概略
 
プロジェクトの使命
 
プロジェクトの達成方式
 
プロジェクト開発メンバー
& 参加・投稿方式
 
オープンソースとは
 
プロジェクトの利用方法
 
宮古島フォトギャラリー
 
パートナー & メンバー
 
ABOUT US
 
お問い合わせ
  宮古島プロジェクト
 
NOAAとは、国立海洋大気圏局(National Oceanic and Atmospheric Administration)のことです。 アメリカ合衆国商務省の機関のひとつで、世界的な気候変動やエルニーニョ現象の観測、ハリケーンやストームに対する警報発令などの業務もおこないますが、世界規模で大気観測や海や空の状況の観測を続け、海洋、沿岸の保護活動についての指導をしたり、環境に関する理解をよりよくするための研究も行なっています。 ( 一部 ウィキペディアより抜粋)
宮古島プロジェクトが運営するキッズ プログラム、「宮古島キッズネット」 は子供向け海洋漂積物の学習資料に関する研究と専用サイトにおける海洋漂積物プログラムの推進活動を行っていることから、NOAAより
正式なリンク許諾を得ています。
   
http://marinedebris.noaa.gov
 
 
国際連合環境計画 (こくさいれんごうかんきょうけいかく、英語: United Nations Environment Programme) は、国際連合総会の補助機関で、英語の略称はUNEP。国際連合環境計画は、国際連合の機関として環境に関する諸活動の総合的な調整を行なうとともに、新たな問題に対しての国際的協力を推進することを目的としています。また、多くの国際環境条約の交渉を主催し、成立させてきました。モントリオール議定書の事務局も務めており、ワシントン条約、ボン条約、バーゼル条約、生物多様性条約などの条約の管理も行っています。天然資源部、持続可能な生産と消費部、グローバリゼーション部などの5セクションに分かれ、本部はケニアのナイロビに置かれており、開発途上国に本部を置いた最初の国連機関です。下部組織に世界自然保全モニタリングセンターがあります。( ウィキペディアより抜粋)

宮古島プロジェクトは、国連環境計画の3つの組織が運営するウエブサイトへの、正式なリンク許諾を得ています。(UNEPのロゴは宮古島プロジェクトのために独自に発行された公式ロゴですから、転載できません。)
http://www.unep.org/regionalseas/marinelitter

宮古島プロジェクトはNOAA同様、国連環境計画のナイロビ本部、バンコクのアジア太平洋事務所、ニューヨークの北アメリカ地域事務所の担当官と連絡を取り、活動内容及び調査結果の報告を行っています。
また、宮古島キッズネットを通じて UNEP の世界海洋ゴミ情報ゲートウェイが運営する Kid's Page に対しても、アウトリーチプログラムや活動内容を報告しています。
http://marine-litter.gpa.unep.org/kids/kids.htm
 
 
国立国会図書館 国際子ども図書館 国立国会図書館が運営する子供向け図書館、国際子ども図書館 (The International Library of Children's Literatures) の事業で、公共図書館、学校図書館、文庫などで子どもの読書推進を担当 する人々や教師などのための資料を紹介するデータベース上で、ゆうやなうれ宮古島プロジェクトが運営する宮古島キッズネットの日本語及び英語サイトが紹介されています。
誰でも自由に使えるオープンソース方式のデータベース開発を行う宮古島プロジェクトでは、子ども向け資料を多く集め、より多くの子どもたちにクオリテイの高い資料、情報をネット上で提供できるよう開発を続けます。
http://www.kodomo.go.jp/index.html
http://www.kodomo.go.jp/info/kids/theme/culture.html#anchor2
http://www.kodomo.go.jp/info/kids/foreign/index.html
 
 
モンガベイ・ドットコム(MONGABAY.COM) は、熱帯雨林保護を目的として1999年運営を開始。 ネット上での本格的保護活動を始めた先駆けと言われている有名サイトです。今年ウエブサイト運営10周年を向えたモンガベイ・ドットコムは、Google の重要サイトランキングでも 8 という高順位。 優良サイトの多い環境保護関連サイトでも、最高位の一つにランクされています。
運営責任者はレット・バトラー氏で、世界の熱帯雨林の現状調査にとどまらず珊瑚礁を中心とした海洋環境保護から、人間の生息環境の変化、地球変動にいたる幅ひろい調査活動をしています。世界中の多くの学者、研究者も参加していることで知られるモンガベイ・ドットコムは、変わり行く自然環境を豊富な画像素材
で紹介していますので、読者に強い説得力を持つ貴重なサイトです。
また客観性、信頼性の高い調査報告は、長年にわたりUPI通信をはじめ、CNN, CBS、NBC など3大ネットワークと報道契約を結んでおり、環境情報が世界に発信されています。
ゆうやなうれ宮古島プロジェクトとモンガベイ・ドットコムは双方の合意により、正式に相互リンクを行っています。 宮古島を初め沖縄県内の環境関連情報やニュース素材を提供していきます。
  http://www.mongabay.com  
 
 
キッズ モンガベイ

さらに、近年その存在感を高めているのが世界の子供達の環境教育に大きく貢献しているキッズ・モンガベイです。 特に熱帯雨林の調査や世界規模での森林の追跡調査などに関する、豊富な写真データと最新情報は今では世界中の学校教師にとって大変貴重な教材となっています。
宮古島プロジェクトの運営する子供専向け情報サイト、宮古島キッズネットもキッズ・モンガベイと相互リンクを行っています。

  http://kids.mongabay.com
 
 
Sustainable Development Commission (持続的開発委員会)は、イギリス政府が運営する独立研究機関で、環境問題と環境に配慮しながら持続可能な社会開発の研究を専門にする機関です。
ゆうやなうれ宮古島プロジェクトはプラットフォーム利用者に、よりクオリティの高い情報の入手先として紹介することで、この研究機関より正式なリンク許諾を得ています。
また、公的研究機関でありながら、環境と資源の負担をより少なくするために、野菜作りから針仕事まで、生活に密着した驚くほど細やかなアイデアも数多く紹介しています。 ゆうやなうれ宮古島プロジェクトでは、島に古くから伝わる生活の知恵や、宮古島だけでなく、世界各地でも有効と思われる独自の提案を委員会に行うことになっています。
http://www.sd-commission.org.uk
 
宮古島キッズネット


宮古島キッズネットはゆうやなうれ宮古島プロジェクトが運営する、子供向けウエブサイトです。
宮古島キッズネットは、宮古島の子供達に島の自然環境と生活・文化などにより興味をもってもらい、宮古島をもっともっと好きになってもらうための、新しい子供専用情報サイトです。
また、宮古島の子供達が将来海外の多くの地域の人々と友人となり、共に助け合っていけるようになるよう、いまから多くの友人を作るため、世界の子供達に宮古島を知ってもらい、宮古島好きの少年少女がたくさん出来るよう、宮古島キッズネットは英語版も同時展開していきます。
  http://www.miyakojima-kids.net このページのトップに戻る 
 

Copyright © 2002-2015 Miyakojima Project - YUYANAURE.NET. All Rights Reserved.