宮古島プロジェクトのコンセプト
 
 
 
プロジェクト解説
 
プラットフォームの概略
 
プロジェクトの使命
 
プロジェクトの達成方式
 
プロジェクト開発メンバー
& 参加・投稿方式
 
オープンソースとは
 
プロジェクトの利用方法
 
宮古島フォトギャラリー
 
ABOUT US
 
お問い合わせ
プロジェクト解説・コンセプト 

宮古島を代表する民謡のひとつ 「豊年の歌」 にくり返しでてくるのが、ゆうやなうれという詞。 漢字を当てると “世や直れ”との表現になりますが、本来の意味は世直しといったイメージより 「豊作だったらいいね」とか、「うまくいくといいね」 といったように、生活全般が良くなりますようにとの願いを込めた表現です。

ゆうやなうれ宮古島プロジェクトは、宮古島を拠点とした離島
における共通問題や固有の問題に対し有効な解決策を究明し、生活全般を良くするための出発拠点(プラットフォーム)です。

ゆうやなうれ宮古島プロジェクトは、 100%自己資金による公益事業組織です。 ゆうやなうれ宮古島プロジェクトはいずれの団体、組織、特定の政治や思想グループにも属さず、影響を受けることの無い完全独立系の活動組織であり、活動内容は日本及び海外の研究機関との独自のネットワークにより有益な情報を収集・提供すると同時に、解決が急がれる課題を優先順位別に取り上げ、インターネット上で公開し、開発参加希望者からの提案も受け付け、有効と思われる方法を追加することで、実効性や有効精度を高めていくことです。

もうひとつの大きな特徴は、宮古島プロジェクトがまとめあげたノウハウや解決法はオープンソース方式により、利用を希望する島々の教育、行政、島内の人々による改善グループに対し、利用許諾登録をするだけで (すべての著作権は、ゆうやなうれ宮古島プロジェクトにあります。) 無償で提供することです。
それは離島に関する問題は島固有のものもありますが多くは共通する問題であり、対応策として共有できるものが多いからです。

また世界の開発途上小島ではより深刻な環境上、経済上の問題をかかえています。同じ離島生活者として境遇改善の手法を分かち合うことも、プロジェクトの重要な活動目標です。

そのため、ゆうやなうれ宮古島プロジェクトは海外でも適応可能と思われる
内容を英語公式サイト、www.miyakojima-project.net でも公開し、海外からも提案を希望する開発者からの解決策を受け付けるとともに、国内同様ノウハウはすべて世界に無償で提供します。

ゆうやなうれ宮古島プロジェクトは、離島の生活を活性化させる方策を必要とする世界の誰もが利用できるプラットフォームです。


 
 
Copyright © 2009 - 2014 Miyakojima Project - YUYANAURE.NET. All Rights Reserved.