宮古島
   
環境プロジェクト
   
自立・自活開発プロジェクト
   
教育プロジェクト
   
医療プロジェクト
   
リサイクルプロジェクト
   
輸送・ロジスティック
   
   

     食料自給率 (SSD-1d)

島内の食料自給率を上げる 
プロジェクトテーマ:
  自立型の経済に移行していく上で最も大切なのが、食料の自給率を上げることです。
日本の食料自給率は約40%と先進国の中では最低であり、沖縄県は更に低く 28%前後ですから、宮古島でも自給率を高めることが島民の将来にとって、とても重要と考えます。
 
プロジェクト キーワード:
 

宮古島の食料自給率、収穫量を高める、収穫時期の調整、休耕地の有効利用、新種の野菜、忘れられた島の味の再生、新しい共同耕作方式、無農薬、有機栽培


TAB INDEX
SSD-1 第一次産業の活性化
SSD-1a 無農薬、化学肥料無使用
SSD-1b 安全な肉類や卵の生産
SSD-1c 育てる漁業、海の畑作り
SSD-1d 食料自給率を上げる
SSD-1e 食料自給率実態調査
SSD-1f 宮古島で稲作に挑戦
SSD-2

製造業の活性化

SSD-3 観光産業の発展
SSD-3a エコツーリズム
SSD-3b 自然景観とイベント
SSD-3c 国際交流・海外PR
SSD-3d 療養的滞在型観光
   

 
012
地産・地消は食品から発電、燃料などのエネルギー分野で多く進められていますが、一消費者として受ける印象は、現在の地産・地消プログラムの多くは生産者および消費者による自主的新供給および流通システムではなく、省庁主導、行政主導のものであり、多くは助成金というヒモが制度施行時に付けられそのヒモの先には島外から多くの既得権益法人や利権狙いが群がってきます。

また、太陽光発電にせよ、バイオエタノールにせよ、今のように既存の電力会社や石油系列会社を通じて配給されるシステムは、消費者にとっては設備投資や既存エネルギーとの価格差調整という名目のための値上負担を負わされる構図になっています。<

離島の猫の額程の土地での地産・地消は、あくまで自前で作り出す島内インフラの範囲内であってこそ有効です。 全国レベルでのプログラムの推進は、結果として太陽発電用地登録ビジネスや無秩序なソーラ・ファーム投機ビジネスなどのように、助成金狙いによって制度が虫食い状になるケースが多いのではないでしょうか。

私たちは、地産・地消の考えには基本的に賛成ですが、それは地元民が作り上げた独自のシステムでの地産・地消であって、制度を利用して誰かがたっぷりと儲けた分の穴埋めをさせられながら高い地元産の野菜を買ったり電気料を支払うための地産・地消の賛同ではありません。

とても手間がかかり、忍耐力も必要ですが当分は自分の家族のために新鮮でおいしい野菜や果物を食べさせてあげるために、まずは自宅の空地やアパートのベランダを使った小さな自産・自消を早速始めませんか?

特に子供は自宅で作った葉野菜やトマト、ナス、キュウリをとても喜んで食べてくれるはずです。

(April 2014 宮古島プロジェクト運営管理部)

011
ささやかながら家庭菜園をして教えられることは、これが自分の家族を自分の作ったもので養うというためには、相当の覚悟と時間を使わなければ、到底間に合うものではないということ。

ましてや、地域が食料の自給をめざすとしたら、宮古島のように島の面積に比べ人口の密集率の高い離島では、かなり綿密なシステム構築が必要になります。
今のように食料を既存のマーケットシステムに任せるだけでなく、行政が独自の食料の備蓄と配給制度を作ることで、初めて可能となります。

島内の地産・地消を限定された特産品に限って行うのではなく、独自に必須栄養素をバランスよく確保できるためのシステムの構築です。 (もり)
010
007 で紹介してくれた雨どいを利用した家庭菜園、いいアイディアですね。
自分で野菜を作ってみたいと思いながら、「畑が無い」「庭が狭い」となかなか始められずにいました。
早速、身近なものを利用して始めてみます。
メイクマン宮古島店やあたらす市、ワイドー市場等にもにも野菜の苗が増えましたね。
初心者の私でも野菜作りに挑戦しやすくなりました。
頑張ります! (宮古)
009
先日テレビで興味深い取り組みが紹介されていました。 この取り組みは、アメリカのスイートウォーター財団 (
http://sweetwater-organic.com ) が行っている、次世代型の農業と養殖のシステムです。

また、ビデオはこちらでご覧いただけます。
http://www.msnbc.msn.com/id/21134540/vp/40203746#40203746

アメリカでは、新鮮な野菜を手に入れることの出来ない人達が約2,300万人もいるそうですが、そういった問題の解決にも、このシステムが大いに役立つと期待されています。

古い倉庫を改造して、テラピアの養殖とサラダ菜の栽培を同時に行っています。 テラピアから出る排泄物からサラダ菜の養殖に必要な培養土を造り、サラダ菜の培養地を巡回させた水をテラピアのいけすに還元させます。テラピアとサラダ菜を共生させるシステムにしたことで、畑で栽培するために必要な水を80%も節約することができるそうです。 このシステムのメリットは他にも多数あります。

1.広い土地がいらない。 
2.科学肥料や殺虫剤・除草剤などの薬品を一切使わないので安全。
3.新鮮な魚や野菜が供給できる。
4.天候に左右されず、年中安定供給ができる。
5.人口増加の問題に対応できる。
6.食糧不足の問題に対応できる。
7.大掛かりな施設や費用がいらない
8.全てがマニュアル化されていて、農業や養殖の専門的な技術を必要としない。
9.新しい雇用を作り出す。
10.環境に優しい。

宮古島のように、土地が少なく、台風などの天候に大きく左右される地域に適した、次世代型生産システムだと思います。
現在東南アジア産の魚やエビ、カニなどの養殖物の安全性に関する問題が深刻になっているだけに、養殖の全ての工程を確認できる地場産の必要性はますます高くなってくると思います。
(幸子)
008
地方の小企業で異業種参入という形で農業生産法人を体験した者です。 会社としては幹部社員を中心に充分に時間をかけて検討した結果、社員の継続雇用を目的とすると同時にある程度の利益を期待しての出発でしたが、僅か1年で撤退し多くの社員が解雇される結果となりました。農業に企業の経営手法を用いることで成功するチャンスが多いとよく言われているようですが、実際は土地条件・気候・個々の社員が持つべき農業の基本能力(ノウハウ)、さらに地域の市場性など、続けるためには一企業がもちあわせる経営能力をはるかに超えた新しい知識と専門スタッフが必要でした。

その後私は知り合いから畑を借りて、自分の家族の分の野菜を確保しようと自分なりの畑作りを続けています。先生は問題発生のたびにインターネットで検索して参考にさせていただいている全国の生産者の皆さま。 解決出来ないことや私に当てはまらない場合もありますが、多くの場合はだいたいそれに近い答えがあり拝借させてもらっています。
最近では自給率を上げるというのは “どこがどうやって” ではなく、その家庭なりに自分達の食糧生産や確保の方法を探すことと考えるようになりました。  (柴田)
007
私たちが見たネット上での情報で、雨どいを利用した “その手も有りか!” と驚く家庭菜園を紹介していました。 これならどこの家でもいろいろな野菜ができそうです。 
(宮古島プロジェクト運営管理部)


Photo courtecy:
Tree Hugger


 




Tree Hugger
006
005 の大城さんの意見がヒントになりました。 宮古島ではありませんので今は無理ですが、春になったらわが家の空き地を使ってどんなものができるかを考えはじめました。
それと他の人の、「私はこんなところも畑にしてしまいました」 というコーナーがあって、みんなの驚くようなアイデアを披露してくれたら楽しいし、とても参考になると思います。 (よねだ)
005
宮古島市内の住宅地もかつては多くが畑地でした。 家屋の間にもこうしてすぐに畑として再生できる空間がたくさんあります。
私たちは食料の自給率を向上させるひとつの試みとして、このような住宅地の空間を利用しオーガニック野菜園を作り始めました。 
皆さんの実践例も教えてください。 (大城)
004
島の自給率を数値化し、畑から収穫できる時期と予想収穫量をシュミレーションした島内食料備蓄データバンクや自給率の増加をを確認できるシステム開発を行い、独自の管理体制を強化しましょう。(N.O)
003
何が育つかの新しい試みや島の気候や土壌条件にあった作物の再検証を行い、その結果をしっかりととデータとして残すことで、これまで以上にこの島の気候や土壌特性にあった作物が見つかる可能性もあると思います。(N.O)
002
NSさん、001 のご意見ありがとうございます。
ご指摘の内容は重要度が高いと判断しましたので、早速 「食料自給率実態調査」 の研究クラスター(SSD-1e)を設置いたしました。 こちらからお入りください (宮古島プロジェクト運営管理部)

001
まずは、自給率の実態を正確に把握し、島内での食料増産のための具体的な数値目標を立てられるようにしませんか? このための専門クラスターを増設して継続的にアップデートしていったら実態に近い数値をつかめるようになると思います。(N.S)

 

Copyright © 2009 - 2015 Miyakojima Project - YUYANAURE.NET. All Rights Reserved.