宮古島
   
環境プロジェクト
   
自立・自活開発プロジェクト
   
教育プロジェクト
   
医療プロジェクト
   
リサイクルプロジェクト
   
輸送・ロジスティック
ヤギについての詳しい情報は、宮古島キッズネットでご覧下さい。

      畜産 (SSD-1b)
 

TAB INDEX
SSD-1 第一次産業の活性化
SSD-1a 無農薬、化学肥料無使用
SSD-1b 安全な肉類や卵の生産
SSD-1c 育てる漁業、海の畑作り
SSD-1d 食料自給率を上げる
SSD-1e 食料自給率実態調査
SSD-1f 宮古島で稲作に挑戦
SSD-2

製造業の活性化

SSD-3 観光産業の発展
SSD-3a エコツーリズム
SSD-3b 自然景観とイベント
SSD-3c 国際交流・海外PR
SSD-3d 療養的滞在型観光
安全な肉類や卵を生産するために
プロジェクトテーマ: 
  卵や鶏肉、豚肉、牛肉などの蛋白源が外国を含めドンドン遠くから離島に運ばれ、東京のスーパーに並ぶのと全く同じ流通システムで、輸送コストだけが単純加算された価格で離島のスーパーに並びます。
私達の疑問は、小さな島とはいえこれほど多く消費される卵や肉類が、なぜ地元で生産体制を整えることが出来ないのかということです。
地元の方が割高になる理由はどこにあるのか?、飼料は本当に高い輸入飼料を与えなければ病気になりやすかったり、生育係数が著しく劣るのか?など多くの疑問があります。
このクラスターでは、皆さんのご協力によりこれらの疑問に対する回答と、独自の飼育方法で成功した例を多くご紹介するのが目的です。
   
プロジェクト キーワード:
  化学飼料フリー、抗生物質フリー
   
006
ヤギに話題が集まり過ぎるとのではとも思いますが、将来宮古島にとって有益で幅広く活躍する可能性を一番多く秘めている動物がヤギかもしれません。
ヤギはそのまま放し飼いでは、その食性から環境に悪影響をあたえる事も事実ですが、コントロールド飼育といわれる、ヤギの性質や食性をうまく活かすことで、とても有益な家畜となってくれます。
その典型的な例が世界各地で実施されている、公道脇の除草作業ですが、今回はナショナル ジオグラフィック チャンネルで紹介された、アメリカの首都ワシントンにある国立国会議員墓地の雑草駆除にヤギを利用しているケースです。

このニュースの中で面白いのは、除草に当るヤギ1頭あたりの時給が幾らになるかを計算していることで、国立国会議員墓地が支払ったヤギの時給はわずか 25円程度であったということです。
 
こんなに安く済むのなら、宮古島でももっともっとヤギに活躍してもらいましょう。
(Photo courtesy: National Geographic)
 
Congressional Goats: "Green" Mowers   http://www.youtube.com/watch?v=DmdYrZvLM3g

( 宮古島プロジェクト 運営管理部)
005
004と同じことは、他の地域でも行われているようです。 AFPニュースのクリップが You Tube にアップされていますので、下のリンクから見てください。
http://www.youtube.com/watch?v=ZnztV745e44&feature=newsweather 
( 宮古島プロジェクト 運営管理部)
004
ヤギの持つ潜在力!
ヤギ肉には、優れた栄養価や世界の肉消費量第一位という人気のほかにも、私たちを助けてくれるすごい特技があります。
アメリカのワシントン州のある市には、公園の手入れをする予算がありませんでした。
そこで召集されたのが230頭のヤギでした。ヤギさんたちは2日をかけ、広い公園いっぱいに生えている雑草をキレイに食べてくれたのです。 
ここ十年ほど、十分な管理が出来なかった公園を、たった2日でキレイにしてくれたヤギさんたちの力はずごいと、市長さんをはじめ市民も大喜びです。
ヤギは、牛のたべないような雑草や、ワイルドベリーのようなトゲのある木々も喜んで食べてくれるので、手間のかかる草取り、大変な草刈作業をなんなくこなしてくれます。 またヤギさんたちにとっても、新鮮で美味しい草がたらふく食べれることはハッピーで、もっともっと公園をきれいにしたい〜と願っているはず・・・。
このようにアメリカでも非営利団体などが、地域の人々や環境に役立てたいとヤギさんたちを用いたプロジェクトを始めています。

宮古島でも高齢化する地域の人達の手助けとして、草刈ヤギ隊なるものを作って、宮古島の景観運動に一役買ってもらうこともいいのではないでしょうか。
(写真はその模様を伝える、KING 5 TV . Photo Courtesy: King 5 TV, Seattle)

( 宮古島プロジェクト 運営管理部)

003
ヤギの肉は魅力的なほど栄養価が高く、脂肪分の少ない肉として定着しているので、健康志向の高い消費者にとって理想的な食材です。
アメリカで消費される調理されたヤギの肉を、チキンや他の赤肉の栄養価と比べると、以下の表のようになります。

栄養素 ヤギ チキン
カロリー 122 162 179 180 175
脂肪 (g) 2.6 6.3 7.9 8.2 8.1
飽和脂肪 (g) 0.79 1.7 3.0 2.9 2.9
タンパク質 (g) 23 25 25 25 24
コレステロール (mg) 63.8 76.0 73.1 73.1 78.2
鉄分 (mg) 3.2 1.5 2.9 2.7 1.4
(1) 調理された肉 3 oz.(85g) につき
(2) アメリカ農務省栄養価標準データベース

表に記されている通り、ヤギの肉はカロリーや脂肪、飽和脂肪やコレステロールが従来の肉に比べて低くなっています。 低飽和脂肪と低コレステロールは、健康志向の高い消費者にとってより健康的な赤肉ということになります。
それらに加えて、ヤギの肉は、牛や豚、羊やチキンと比べて、より高い鉄分を含んでいます。またヤギの肉には、比較的高いカリウムと、少ないナトリウムが含まれています。
アミノ酸配合に関しては、ヤギの肉は牛や羊の肉とよくにています。ヤギの肉は他の肉より高い栄養価を備え、より健康的なので、赤肉としてより多く利用する価値があります。
ヤギの肉の健康的利点は、多くの一般の人達にも知られるようになり、低脂肪の赤肉の選択肢としてこれから先増え続けるでしょう。
(宮古島プロジェクト 運営管理部)
002
現在でも宮古島を紹介するテレビ番組で、まるで 「罰ゲーム」 の苦しみを味あわせるための材料として、ヤギ汁が出て来る事に我慢が出来なかった、運営管理部が見つけた、「スカーッ」 とさせてくれるニュースが見つかりました。
これは私たちが勉強のために定期購読している Tree Hugger の今週のニュースレターが紹介していた、4月5日のワシントン・ポストの記事です。

 「ヤギの肉、ミルク、チーズ」の共同著者であるブルース・ウェインスタインさんとマーク・スカブローさんは、消費者は健康的で、最も環境に優しい動物たんぱく質として、新たにヤギ肉に注目していると述べています。

  ヤギの肉やチーズ、バターはヤギ料理の決まり文句として、いくぶん中傷された言われ方をしているのは、ヤギ肉に革命がおきる前ぶれに他ならない、と主張しています。 確かに、ヤギ肉が世界で最も消費されている(世界の赤肉消費の70%はヤギ肉)との事実を踏まえれば、彼らの言い分はもっともかもしれません。

  鶏や牛、羊や豚に比べてカロリーや脂が少ないことから、ヤギ肉の生産量はアメリカでも上昇しています。米農務省によると過去30年間、ヤギ肉の食肉処理量は、10年毎に2倍の速さで増えています。そして経済の低迷にかかわらず成長し続け、年間100万匹の生産にせまっています。

 サンフランシスコ郊外で高い管理技術と、人道的飼育法で牛肉の全米ブランドを確立したニーマン牧場のビル・ニーマンさんは2008年、牛の牧草地の手入れをするために、多くのヤギを投入しました。 ヤギは牛が踏みつぶした草や、牛の好まない雑草も食べます。つまり、ヤギは高い値段で取引できる牛のために、新しい草が伸びやすいように牧草地の刈り込みをしてくれるのです。 

  しかし2008年、ニーマンさんは、ヤギを草刈りに使うよりは、肉用ヤギとして生産するほうが、価値のあることに気づきました。 ニーマン牧場の創設者は今、数年前養豚に活かした同じ先端技術をヤギの飼育に用いています。
カロリーや脂肪分が少なく、ヤギ肉がより健康的であるという事実は確かだと、ウェインスタインさんは言います。

  その上、社会的見地からも魅力的なのは、環境に対する好ましい影響です。ヤギは雑食で、放牧の必要が無いため、土地に対する負担が少なくてすみます。そのため、農家は同じ広さの牧草地から、牛肉よりもより多くのヤギ肉を生産することができます。この事実を踏まえ、現在多くの賛同者が、ヤギによる環境にやさしい肉作りを実践しています。

 なじみの薄い食材を使う場合と同じで、アメリカでヤギを主流にするための最大の挑戦は、消費者にヤギをどのように料理するかを教えることです。
ブルース・ウェインスタインとマーク・スカブローの両氏は本の中で、ヤギ肉を最大限に利用する幾つかのヒントを提供しています。
またヤギの世界的人気のお陰で、「ヤギの肉、ミルク、チーズ」の材料のためのレシピーに不足することはなかったと言っています。 

  間もなくアメリカの料理人たちも、ヤギ肉の人気を高めるための調理法の開発に本腰を入れることでしょう。

なんといってもヤギの肉は世界でも最も多く食べられている、肉の王様なのですから、私たちも、もっともっと人気を高めることが出来るはず 。みんなで、“こんなに美味しいピンザ” と全国に行き渡るように、新しい調理法をいっぱい考えましょう。
(宮古島プロジェクト 運営管理部)

001
最近の記事で、「家庭の生ゴミを完全処理する一番の方法は鶏を2羽ほど飼う事。」 というのがありました。 生ゴミをある程度刻んで与えると野菜であれ、肉であれ魚の内臓(重金属が気になる魚の場合は焼却)
であれほとんどきれいに食べつくすそうです。都会では無理でも島なら大抵の家で実行可能。 その鶏が卵を産んでくれたら、これ以上はない安心卵。 おまけに鶏糞を使って栄養価タップリの家庭菜園を作ることも出来、今時珍しい一粒で3度美味しいニワトリ効果です。 (Rika)


Copyright © 2009 -2015 Miyakojima Project - YUYANAURE.NET. All Rights Reserved.