宮古島
   
環境プロジェクト
   
自立・自活開発プロジェクト
   
教育プロジェクト
   
離島の危機管理
   
医療プロジェクト
   
リサイクルプロジェクト
   
下地島空港有効利用
   
輸送・ロジスティック
   
宮古島市立図書館建設
 
まえばら・しばらコミュニティ
   
宮古島 YO
Miyakojima-YO.org
   
伝統文化プロジェクト
   
  宮古島キッズネット
   
  宮古島キッズネット 英語版
まえばら・しばら 島のご近所コミュニティ  
まえばら・しばらは宮古島の言葉で 「前の家」 「後ろの家」、つまりご近所のことです。 ゆうやなうれ宮古島プロジェクトの大切なテーマのひとつが、「身近な生活の問題にもしっかりと取り組み、解決方法を探す」 ですから、毎日の生活や、ご町内の問題など、宮古島をはじめ他の離島にもおきうるテーマを専用プラットフォームで紹介し、多くの人々の知恵を集結してより良い解決法を求め、有効性を高めていきます。
   
家族のために、大切な人のために、地域のためにとの思いを込めて頑張る「あなた」のためのコミュニケーション広場 「宮古島 YO 」 が、まえばら・しばらプロジェクトの管理者によって、新たに独立サイトとしてスタートしました。

宮古島YO (Miyakojima YO org) は、特定の団体や思想・主義グループに属することなく、まったく独自の活動を行います。

島の暮らしは、いろいろな面で多くの課題を抱えています。この現実の中で、「家族や周りの人たちと穏やかで喜びのある生活ができたら・・・」とか、「せっかくこんな素敵な自然に囲まれているのだから自然と調和していると実感できる、心豊かな生活を楽しみたい」と考えるのは、とても自然なこと。

自分に与えられている能力や環境をいかし、より良い人生を歩むための方法をともに見つけることが、宮古島YO の目標です。
 「宮古島 YO」 は、こちらからお入り下さい。
   
現在検討中のテーマ (検討テーマが確定次第、テーマ別クラスターを準備いたします)
 
MAE-1 シングルマザー同士のネットワークを生かし、仕事で予定通りに子供を保育所へ送迎できない時や、急病における子供の一時預かり場所の確保など、安心して子育てし、働き続ける環境を作るためのネットワーク作りを検討中です。 
 
MAE-2 シニア世代が社会参加への楽しみを持ち続けてもらうために、単なる声かけや生活状況チェックにとどまらず、地域のためにいつまでも必要な人材であることを自覚し、生きる張り合いを持ってもらうためのプログラムつくりをします。
そのひとつが宮古島の生活の知恵を集めるボランティアグループを結成し、聞き取りや、古い道具の再現や使い方を教えてもらいます。 これらは全て宮古島の文化的生活史として協力してくださったシニアの人々のクレジット(名前を記した)資料として後世に残します。
 
MAE-3 いざとなると、なかなか相談しにくいDVなど深刻な家庭問題の駆け込み寺的組織作りも重要な検討課題です。
離島は限定された地理的条件から、被害者側の完全自立を保証しにくい環境にあります。それだけに、現在の公的対策に加え、より多くの配慮のもと、安全と平安な生活を確保してあげる総合的な支援システムが必要です。
 
 

Copyright © 2009 - 2016 Miyakojima Project - YUYANAURE.NET. All Rights Reserved.