宮古島
   
環境プロジェクト
   
自立・自活開発プロジェクト
   
教育プロジェクト
   
医療プロジェクト
   
リサイクルプロジェクト
   
輸送・ロジスティック
   
宮古島市立図書館建設
   
下地島空港有効利用
   
まえばら・しばらコミュニティ
   
 バリアフリー図書館 (LBR-1b)
 
プロジェクトテーマ・コンセプト 
  障害を持つ人も不便なく使え、数多く通っても心身ともに負担とならない、バリアフリー図書館施設とするための検討。
   
   

 

プロジェクト キーワード
  バリアフリー、障害者に優しい施設、サポートスタッフ、サポート教育、バリアフリーの最新の考え方、バリアフリー施設の概要
 


002
バリアフリーは施設や設備上のみで解決出来ないのは001さんが的確に説明してくれていますが、駐車場にはじまり、読書室、トイレ、通路など障害を持つ人々のための通常の設備の他、もうひとつしっかりと検討したいのが、地震や火災の時に誰がどのように避難させてくれるのだろうかへの対策です。
バリアフリーへの機能的対応と同じ重要度で、障害を持つ人々が真っ先に安全に避難できるための方策とスタッフ訓練のできていることが必要です。 これが完全に整って、初めて安心して利用できるバリアフリー施設となります。 (よしのり)
001
完全バリアフリーは市民のための公共施設ですから大切な条件ですが、図書館の場合はバリアフリー施設というだけでは障害を持つ人が使える環境となってはいません。
図書棚の本に手が届かない部分が多いことや、軽度の視力障害であっても上部棚のタイトルを読み取ることが出来ないなどの問題があります。 そこで更に使い勝手を良くするために、障害を持つ方には電話で予約をいれることで、図書館のスタッフやボランティアが付き添い、本を探すお手伝いが出来るようになるといいと思います。 (Sato)
宮古島プロジェクト
TAB INDEX
LBR 宮古島市立図書館 Top
LBR-1 コンセプト・テーマの検討
LBR-1a 使い勝手優先の図書館
LBR-1b バリアフリー図書館
LBR-1c 成長型図書館
LBR-1d シニアフレンドリー図書館
LBR-1e 親子のふれあい図書館
LBR-1f 省エネルギー型図書館
LBR-1g 立地条件・アクセス
LBR-2

機能・設備に関する検討

LBR-3 デザインに関する検討
LBR-4 エコロジー的検討
LBR-5 運営方式に関する検討
   
 

Copyright © 2009-2015 Miyakojima Project - YUYANAURE.NET. All Rights Reserved.